旅行最終日 信濃大町であれやこれや。

[ここに地図が表示されます] ただいまあずさ号の車内、松本あたりです。宿泊先を出るのが早めだったので、信濃大町駅近辺でかなり時間が余りました。 まずは駅前からさほど遠くない「塩の道ちょうじや」(旧 塩の道博物館)へ。建物は国の有形文化財で、かつての塩の道の往来と繁栄の名残を感じさせます。間口のわりに奥行きの深い建物で、隣には「流鏑馬会館」も存在します。 撮影自由ということで、建…

続きを読む

旅行最終日 朝

[ここに地図が表示されます] 大町温泉郷の地図です。 おはようございます。早くも本日は旅行の最終日、ほぼ荷物を取りまとめてチェックアウトの時間待ちです。(信濃大町駅に出るバスが一時間に一本程度なので、ゆっくり時間調整です) 先ほどスマホをみたら、気象警報がわさわさと届いていました(@_@) どうやら、昨夜から東京は大雨に見舞われたようです。朝方見たテレビの気象情報でもスタ…

続きを読む

旅行第3日 大町山岳博物館とか「いきなりステーキ」とか「水戸黄門」とか。

[ここに地図が表示されます] 大町山岳博物館は市街地からさほど遠くはありませんが、高台に位置しているため行きはタクシー利用です。 今日は大町山岳博物館を見学に行ってきました。晴れていれば、3階から鹿島槍ヶ岳や五龍岳などの名峰が揃い踏みする風景を一望できるのに、山々は厚い雲に覆われています。約10年ぶりの訪問ですが、やはり「風雪のビバーク」で知られる松濤明氏がまさに死の直前まで書き…

続きを読む

旅行第3日 雨の朝

改めまして、おはようございます。昨日の好天とは打って変わって朝から雨が降っています。(昨日までの間に、ダムやら図書館やらに行っておいて正解でした) これから大町の市街地に出る予定ですが、月曜日ということで博物館などが営業しているのか、食堂などもやっているのかどうか…天気が良ければ(かなり安曇沓掛駅から歩くけど)仁科神明宮再訪もありかと思いましたが。(大町市街地なら若一王子神社訪問もありかも…

続きを読む

旅行第2日 黒部ダムへ

疲れていたようでしっかり早寝してしまいました(;^_^A 旅行第2日は黒部ダムを見学に行きました(今回で確か4度目の訪問です)。 大町温泉郷からバスで扇沢駅に向かうと、今年からトロリーバスに代わって導入された電気バス乗り場は結構な混雑です。チケットを買って並んでいたら、乗車前のアナウンス…かと思いきや、「弁当、買いませんか?」という思わぬフェイントが。(笑いが起こり、乗り場の雰囲気が一気に…

続きを読む

旅行第2日 朝

おはようございます。本日は大町温泉郷の某宿泊施設からブログをお送りします。 昨夜は「破砕ロック」の威力にやられて、平衡感覚が2時間ほど可笑しくなっていました(食前酒の一杯だけなのに恐るべし…その後冷酒もいただきましたが)。朝起きたら、すっかり素面に戻っていましたが。 今日はいい天気、昨日の予定どおりに黒部ダムまで行ってきます。 つけたり…昨夜は到着早々に昼風呂と洒落こみました(…

続きを読む

旅行第1日 図書館とバスと「破砕ロック」と。

午後2時少し前に大町市に着きました。天気が悪くならないうちに、ということで大町図書館にまず行くことにしました。 大町図書館は信濃大町駅から2キロ弱、竈神社の裏手あたりになります。近くには公園とグランドがあって、ロケーションはなかなかよいです。 相方が「暑い」とか「お前の道楽のせいで」とかぶつくさ言い始めたので、二階は省略して一階のみ訪問しました。さすがに山岳都市、登攀記(遭難記も多々…

続きを読む

汚染(-_-メ)

おはようございます。本日は信州方面の旅行出発日、ほとんど支度が済んだので3代目ダイナ君からブログを入力しています。 ここ数日、アフィリエイト広告に「コ××ラ」出品の「あなたのウィキペディアを執筆します」というのが頻繁にっ表示されるようになってしまいました。私もウィキペディア編集者の末席なので、アフィリエイト広告で表示されてくるのはかなり不愉快だけどわからなくもないです。 何とか広告を…

続きを読む

[[万葉翡翠]]、良質な記事に。

首記記事が(多少長引きましたが)良質な記事の選考を通過しました(ありがとうございました)。 これで一つ課題はクリア、次は…新たな記事に取りかかるのと同時に、店晒しにしている記事の執筆を再開しようと思います。ただし、信州利ょ子←何、これ…旅行と父の墓参が済んでからになりますから、執筆開始&再開は今月末になりそうです。 図書館に資料の取り寄せをまた頼まなければ…。(誰かが借りていないこと…

続きを読む

風が強い。

おはようございます。台風のニュースが気にかかりますが、私は夏休み第2弾前最後に普通のお仕事です。 自宅を出る際に、小粒の雨がぱらついていました。そこで折り畳み傘をさして、始発のバス停に向かいました。 歩道橋の上で突風が吹きつけて、抗しきれずに傘が見事に「おちょこ」と化しました(@_@) 慌てて直そうとしましたが、風は容赦なく吹き続けてきて、態勢を保つのがやっとです。 辛うじて傘…

続きを読む