腱鞘炎用サポーター(病気ネタ注意)

本日は通院日だったので、朝方書いたとおりドクターに腱鞘炎用サポーターの可否について聞いてみました。ドクター曰く、「ああいうサポーターは関節にガタがきている人が使うもので、症状によっては血行を妨げるから却ってよくない場合もある(私は良くない部類だそうです)」ということでした。で、温感タイプの湿布を引き続き使い、患部を冷やさないように心がけることとなりました。 腱鞘炎用サポーターを装着すると、…

続きを読む

今日は通院日です(病気ネタ注意)

おはようございます。本日は首記の事情により、自宅のノート(3代目ダイナ君)からブログを書いています。 午前中にクリニックに行き、干渉波とヒアルロン酸の注射(痛い)、そして腱鞘炎の経過観察です。湿布を貼っていると、少なくとも夜間に痛む頻度は少なくなってきました。ドクターに念のため、腱鞘炎用のサポーターを使った方が良いか確認してこようと思います。(もしお勧め製品があったら教えてもらおうかと) …

続きを読む

中指シフト?(病気ネタ入り注意)

漸く時間ができたので、記事の下書きに勤しんでいます(何とか半分くらい書けたかな?)。ただし、手が痛くなるのを防ぐためにパソコンのキーボード打ちやタブレットのタップは中指のみですがw  明日は午前中に整形外科クリニックまで行って、膝と手の具合を診てもらってから、痛ーい注射を打って、そして湿布薬を貰うことになります。では、やる気が続いているうちにもう少し書き進めてから寝ますzzz

続きを読む

小雨。(病気ネタ入り注意)

おはようございます。東京は小雨、やや薄暗い朝です。 昨日から連続でくしゃみ☆≡(>。<)が出始めました。ついでに右目もかゆい( ・д⊂ヽ゛ どうやら「その時」が来たようです。症状がひどくならないうちに、眼科にて目薬と吸入薬を処方してもらわなければいけませんが、しばらく行く時間が取れません。(明日は整形外科クリニックに行き、帰りに新幹線のチケットを買う予定です) 乗っているバス車内でも…

続きを読む

(ある意味)とんでもない経歴…。*閲覧注意。

今夜もブログのネタがないので、大昔に書いた記事の反省会でも。今夜のお題はこちら。 ジェームズ・ハワード・スヌーク (閲覧注意) 2010年3月に英語版から翻訳したものです。この記事にお名前と実績(という表現は不適当ですが;;)が載っていたのを見て、(ある意味)とんでもない経歴に興味を覚えて英語版の記事を読んでみました。私でも何とか翻訳できそうだったので、翻訳したものを日本語版に投稿し…

続きを読む

つながりにくい(-_-#)

おはようございます。東京は雲が多い朝で、陽射しがなくてやや薄暗いです。 普段ならフリーWi-Fiでさくさく繋がるバス車内からのブログ入力が、今日に限って繋がりにくいです(-_-#)たったこれだけ入力するのに10分以上とは…。しかも、ただいま大渋滞の真っ最中と来たもんだw 定時に到着できるかちと気がかりですが、行ってみないとわからんので仕事に行ってきます…。

続きを読む

「フジタの白鳥」…時空を超えて。

帰宅後にたまたま読売の夕刊を読んでいたら、東京シティバレエ団の記事を見つけました。読んでみると、3月の公演『白鳥の湖』は伝説的な成功を収めた1946年の日本初演時に使用された藤田嗣治画伯の背景画を復元し、しかも指揮が大野和士氏…。もっと早く知っていたら、3月4日公演のチケットを買っていたのに。3日と6日のゲストは、私の苦手なダンサーなのでパスせざるを得ない;; ちなみに、Wikipedia…

続きを読む

ヘロヘロ。

おはようございます。東京は雲が多いものの、薄日がさして寒くない朝です。 昨夜から中断していた記事の執筆を再開しました。ただし、手に響かないように小休止を何度も挟みつつですが。多分30000バイト程度の人物伝になると思いますが、とんでもなく不幸な方なので…。ヘロヘロになりながらも、可能なら今月中に完成させたいと思っています。なお、次の執筆記事も才能に恵まれながらもやはり不幸な方の人物伝になる…

続きを読む

こどものためのバレエ劇場「シンデレラ」主役キャスト決定のお知らせが。

新国立劇場バレエ団の夏休み公演、キャストが決まったようです。…コピペしようとしたら上手くいかなかったので、リンクします。 こどものためのバレエ劇場「シンデレラ」主役キャスト決定のお知らせ 全部で8公演(主演4キャストが各2回)ですね。一昨年の「白鳥」も昨年の「しらゆき姫」もクオリティが高くて十二分に楽しめたので、できれば2公演くらい観に行きたいです♪(井澤兄さんの主役デビューもありか…

続きを読む

週明け。

おはようございます。東京は雲が多く、陽射しがない朝です。 2泊3日の北陸旅行はあっという間に終わりました。心残りはやはり父のことで、墓参不可能だったのが…。気候が良くなって雪が消えたら、必ず行ってきます。 あとは先年の大火の焼け跡に、建物が戻り始めていました。加賀の井酒造も酒蔵棟を建築中で、市街地の復興は徐々に進みつつあるようです。私も街の新たな歩みを見守り、ささやかでも協力できれば…

続きを読む