葱ネギねぎ…その3

仕事場から帰宅する途中、スーパーに寄って買い物しました。そろそろ年末年始の準備に本腰を入れねばならない時期なので。 相方から「葱と野菜、適当に買ってこい」と頼まれたので、まず野菜売り場へ。…大根(三浦大根でした)が「税抜き580円」でした;;  そして、葱の売り場では「わけぎ」の売り場にしっかり「わけねぎ」が置かれている…。(もっとも、この2つは非常によく似ているから間違うのは無理も…

続きを読む

2018年へのカウントダウン

おはようございます。東京は冬晴れ、冬至は過ぎたもののまだ夜明けがおそいです。 仕事場に向かうバスには、冬休みに入ったためなのかガキ小中学生が一人もいないので、至って静かです。今しがた、「焼酎学生」ととんでもない一発変換が出て苦笑(^^; 私は焼酎もサワーも飲まんぞ;; 私は今日を含めてあと3日仕事に出る予定です。ただし、明日は29日の代休で恒例?の通院ですが。(ついでに銀行と郵便局にも行く…

続きを読む

第14回ウィキペディア街道「大山道」執筆編+ウィキデータ勉強会(2017.12.23)

鶴林寺のイチョウの木。記事にも登場します。 [ここに地図が表示されます] 12月3日の現地調査に続き、23日はいよいよ執筆の日です。会場はアートフォーラムあざみ野、午前10時開始、午後5時完全撤収です。今回は新たな試みとして「ウィキデータ」の勉強会がタイムテーブルに加わっています。前回うっかり持ち帰ってしまった「下鶴間宿」解説プリントと、『新編相模国風土記稿』第3巻のコピーを…

続きを読む

薄井憲二氏死去…。

バレエの薄井憲二さんが死去 #主要ニュース(共同通信) 薄井憲二 (Wikipedia) 5年ほど前、記事を書かせていただきました。(当時の私は、日本バレエの発展に尽くした人々についてよく執筆していた時期でした)以前は客席でも時折お見かけしていたのですが…。 薄井氏の著書(特に『バレエ千一夜』)は、バレエ記事を執筆するときの参考文献として大変重宝しております。これからも大切に使…

続きを読む

クリスマスイブ。

昼間は丸ビルまで出かけて、久々に椿屋茶房にてランチです。ここ、お姉さんの制服がレトロシックで可愛いです(^^) 今回は季節限定のポルチーニとチーズのパスタ、コーヒー、スープ、サラダ付きです。その後、マークスアンドウェブでバスソルト(柚子と枇杷葉)を買いました。(1月中旬でおしまい、次はフランキンセンスに代わるそうです…あれ、イランイラン&ジンジャーの出番は??) 次はアメリ…

続きを読む

…(;^_^A

おはようございます。本日は三連休の中日、相方が朝ごはんを用意してくれたのでそれを食べた後にオフトゥンにUターンです(^^; 昨日寝る前に、昨日のイベントの超簡略版レポートを書いたまではいいのですが…「保存」ボタンをタップし損ね、そのまま寝てしまいましたorz(朝方、ブログのアク解を見ようとして気づきました) 幸いにして、Seesaaが自動で保存してくれていたので、今度こそ保存し直しま…

続きを読む

第14回ウィキペディア街道大山道 超簡略版レポート

会場はアートフォーラムあざみ野、9名参加(午後からの一人を含む)。 記事執筆の他に最後の一時間強が「ウィキデータ」についての説明(実際に入力あり。今日書いた記事もウィキデータに入力しました) 記事二つ完成。[[鶴林寺 (大和市)]]と[[下鶴間宿]] 終了後、あざみ野駅前にて打ち上げ、お疲れ様でした。

続きを読む

これから出ます。

おはようございます。本日は「第14回ウィキペディア街道」執筆イベント当日のため、これから自宅を出ます。 幸い天気は悪くなさそうです。何回か行ってる場所なので、迷子?になる心配も少ないし。 では、そろそろ出かけるとしましょう。イベントに参加される方とは、あちらでお会いしましょう。そして、よろしくお願いしました(^^)

続きを読む

もう1年、ですか…。

届いていた夕刊を一瞥して、あの大規模火災から1年経過したことに気づきました。最近は報道もかなり少なくなってきましたが、直に被災地を訪れた身としては…。 これからも、(Wikipediaの記事取材と父の墓参を兼ねて)年に数回行き、いろいろと観光や物産購入などでお金を使おうと思っています(私のお勧めは谷村美術館、玉翠園と翡翠園、そしてフォッサマグナミュージアム)。 一人にできることは限ら…

続きを読む

冬至

おはようございます。本日は冬至、東京は冬晴れです。 今日は1日働いて、夜には(ポケモンではない方の)ジムに行く予定です。その後、明日に迫った「ウィキペディア街道」執筆イベントのために最後の確認もせねば。(風土記稿のコピーやら4代目Acer君の充電やら) ちなみに、明日からは祝日の関係で三連休が取れそうです。明後日と弥明後日(←こういう字を書くのですね、知らなかった)は記事の下書きとウ…

続きを読む