お土産を買って来たら。

おはようございます。今日は12時台の新幹線で北陸を再訪するので、ただいま鋭意準備中です。 昨日の話になりますが、手土産を購入するために某駅ショッピングモールにあるコージーコーナーに行きました。(目的地にはコージーコーナーがないので、ここのお菓子を買っていくと結構喜んでもらえます)コージーコーナーは手土産向きのセット商品も揃ってるし、何よりお値段も手ごろです。(焼き菓子が多くて日持ちがするの…

続きを読む

美容院で目を通した雑誌

今日は午前中に整形外科で膝に痛ーい(>_<)注射、午後は散髪に行ってきました。 私は髪の毛の伸びが人一倍早い性質のようで、毎回のように担当の美容師さんに「ずいぶん伸びましたね」と驚かれてます。(今回も同様…)で、「ゲゲゲの○太郎」(特に前髪の伸びが早くてよく片目が隠れている)状態になってたので、夏向けにすっきり軽くしてもらいました。 散髪中、備え付けの女性週刊誌(「セブン…

続きを読む

第11回世界バレエフェスティバル全幕特別プロ「白鳥の湖」(2006年7月31日、ソワレ)

本当はすでに全幕特別プロが始まってますが、仕事と重なったので私は7月31日の『白鳥』から鑑賞です。 キャスト変更があったけど、白鳥自体は(あのバレエ団の演出や衣装などには問題は多いんですが)大好きなので楽しみにしてます。 (でも一番楽しみなのは、抽選で買えた特別ガラの日だけど) で、7月31日は午後お休みを頂いて、雑用を済ませてから上野へ。 久々に湯島「デリー」のカレーを食べられて開…

続きを読む

防災情報だらけ。

おはようございます。今日は諸般の事情によってお仕事はお休みをいただいています。で、寝床でスマホからブログを書いています。 昨夜はかなりの雨が降り、気象警報まで出ていました。朝起きてスマホのメールを確認してみたら、「降雨情報」「河川水位情報」だらけになっていて驚きました。(仕事場は川べりにあるので他人事じゃないし(--;)) 今は雨は上がっているようですが、出かけるときには傘を持って行…

続きを読む

Blogのカテゴリをまたいじくってみる。

ご覧になったとおりです(^o^)/ カテゴリごとの記事数が多くなって、ログ掘りが大変になってきたので細分化してみました。(まあ、旅行記録はともかくとして、Wikipedia関連イベントの記事数はすぐに増える性質のものじゃないですけど) 私が出席したWikipedia関連イベントについては記事として書いた4件の他に、1月に二子玉川で開催されたWikipediaの15周年イベントもありま…

続きを読む

明日から(見た目は)三連休…。

…書いたものが全部消えた(呆然)手元が狂って、久々にやらかしてしまいました(とほほ) 気を取り直して…。明日から(見た目は)三連休ですが、実質上気も身体も休まらない連休になります。明日は通院、銀行と郵便局、散髪と旅行の準備、明後日は1泊2日で北陸旅行…父方の親戚の家に泊まる予定です。ただし、クーラーがなくて扇風機だけだった記憶が。熱中症に気をつけねば。(布団だけあればいいと伝えてあります。…

続きを読む

わらしべ長者?

おはようございます。東京は今朝も空模様が優れず、今にも降りだしそうな雲行きです。 さて、これは数日前のお話になります。私は3ヶ月ほど前に、仕事場で傘(しかも自分のではなく相方に借りたもの)を盗られた経験があります。このブログでも散々愚痴ったので、ご記憶の方もいるのでは(^^; この前、「良かったら使って」と新品同様(多少柄に擦り傷があるだけ)の傘をいただいてしまいました(^^)女性用…

続きを読む

「ルグリと輝ける仲間たち 2007」(2007年8月、プログラムA、B、クラスレッスン)

「バレエの祭典」入会特典のマニュエル・ルグリのクラスレッスン見学会案内が届いてました。 で、来週土曜日は朝10時頃から夕方6時過ぎまでずっと五反田に滞在です。(当日の公演も鑑賞予定の為) (マチューとローラン・イレールもクラスレッスンに出てくれれば最高に嬉しい) でも、出演予定の変更はこれ以上ないといいんだけど。 (オーレリー・デュポンの不参加がとても残念です。前回のガラではいろんな…

続きを読む

人手不足どうやら解消

おはようございます。東京は小雨混じりの朝を迎えました。 昨日から、病欠だった方が復帰してきました。少しだけ仕事上の心配がなくなりました。 明後日は丸1日休暇をいただき、整形外科で注射を打ってきます。余った時間で散髪にも。 …相方によく「その頭は何だΣ( ̄皿 ̄;;」と怒られてばかりいますので。確かに前髪がゲゲゲの○太郎状態の上、アホ毛だらけであちこちはねていて見るに耐えない場合が…

続きを読む

パリ・オペラ座バレエ団「パキータ」(2006年4月公演)

本日と明日は、このバレエを(キャスト違いで)鑑賞に行ってまいります。 一部を残して失われていた古いバレエを復元した作品で、筋立てはわりに単純。(ヒロイン、パキータはジプシー娘。命を助けた青年士官と恋に落ちる。様々な障害を経て実は彼女が高貴な出自であると判明し、恋が成就する) ピエール・ラコット氏(注・振付家)の作品は、「ラ・シルフィード」(これも昔のバレエの復元。1幕のパ・ド・トロワと2…

続きを読む