英国ロイヤルバレエ団「シルヴィア」(2008年7月3日ソワレ、東京文化会館)

演出・振付 フレデリック・アシュトン 音楽    レオ・ドリーブ 美術    ロビン/クリストファー・アイアンサイドの原典版による シルヴィア(ディアナのニンフ): マリアネラ・ヌニェス アミンタ(羊飼い): デヴィッド・マッカテリ オリオン(邪悪な狩人): ティアゴ・ソアレス エロス(愛の神): マーティン・ハーヴェイ ディアナ(狩り、純潔の女神): マーラ…

続きを読む

今日の予定

おはようございます。日の出が早くてねていられませんが布団から起き出せない矛盾した状態に陥っています。朝ごはんは更に早起きの相方が作ってくれてました(相変わらずダメダメ) 今日は午後からジムの予約を入れてるので、それまで時間が空いています。(ただし、膝がおかしいのでズンバはできなくなった)相方が「お前の奢りで飯食いに行こう♪」と言ってます(昨日3000円借りたままだったf(^^;) 来…

続きを読む

「マラーホフの贈り物」プログラムB(2008年2月22日、有楽町・東京国際フォーラムホールC)

第1部 「牧神の午後」(1953年ロビンス版) 振付:ジェローム・ロビンス 音楽:クロード・ドビュッシー  ウラジーミル・マラーホフ、ポリーナ・セミオノワ 「グラン・パ・クラシック」 振付:ヴィクトール・グゾフスキー 音楽:ダニエル・オーベール  ヤーナ・サレンコ、ズデネク・コンヴァリーナ 「ハムレット」 振付:ボリス・エイフマン 音楽:ルードウィヒ・V・ベートーヴ…

続きを読む

「マラーホフの贈り物」プログラムA(2008年2月、ゆうぽうとホール)

第1部 「牧神の午後」(1912年ニジンスキー版) 振付:ワツラフ・ニジンスキー 音楽:クロード・ドビュッシー  牧神  ウラジーミル・マラーホフ  ニンフ 井脇 幸江  ニンフたち      高木  綾、浜野 香織、前川美智子      吉川 留衣、矢島 まい、渡辺 理恵 「エスメラルダ」 振付:マリウス・プティパ 音楽:チェーザレ・プーニ  ヤーナ・サレンコ、ズデ…

続きを読む

週末。

おはようございます。ようやく金曜日です。 今日は整形外科に行って痛ーい注射を打ってもらう日です。(最初、注射と聞いて情けなくもビビりまくった私に「大丈夫です。泣いて帰った人は居ません」とドクターが妙な慰め方?をしてくれた) 仕事先からちょっと離れた場所にある上、交通の便が悪くて2㎞以上歩く必要が。今日は天気も悪くないからリハビリのつもりで行ってきましょう。 追記:溜まっていた膝…

続きを読む

英国ロイヤルバレエ団「眠れる森の美女」(2008年7月11日ソワレ、東京文化会館)

プロローグつき全3幕 国王フロレスタン24世: クリストファー・サウンダース お妃: エリザベス・マクゴリアン オーロラ姫: ロベルタ・マルケス フロリムント王子: ヨハン・コボー 式典長/カタラビュット: アラステア・マリオット カラボス: ジェネシア・ロサート リラの精: マリアネラ・ヌニェス ―プロローグ― 澄んだ泉の精: …

続きを読む

穏やかに過ごせる日

(体調は相変わらずというものの)公私ともにいろいろな意味で慌ただしかった時期が一段落しました。最近は(睡眠過多かと思えるくらい)眠れるようになりました。ただし、眠り自体は浅く、何度も夜中に目が覚めます。 今月末にバレエを2回観に行くのと、週末に歯医者に行く程度で後は図書館に用済みの資料を返却する程度。…来月早々にMRIを控えてますが、あまり考えないようにしています。 MRIが無事に済…

続きを読む

文無し( 一一)

今の仕事先は、非常に不便なところにあるため、1つ用事を済ませるために別の用事を犠牲にせざるを得ないことが時々あります。 今日は予約していた資料を引き取るためにちょっと離れた図書館に出向いたので、ATMでお金を下ろすことができなんだorz まあ、500円玉貯金を浚えば多分だけど10000円以上あるはずだし、最後の手段としては相方に借りるって手も。金曜までなら何とかしのげそうです。(金曜には「…

続きを読む

[[勝光院]]、新着記事に選出。

日曜日のウィキペディア街道で共同執筆した表記記事が、日次の新着記事に選出されました♪ 今年になってから、執筆関連のイベントに参加しはじめて今回で3回目となります。東工大のときはワグネル先生チーム(仮称)でチューター役、前回と今回は参加者兼チューター&サポーターといった役割でした。(東工大のワグネル先生チーム(仮称)は、記事に出典を増やし充実させることが目的だったので、前回と今回とはやや毛色…

続きを読む

牧阿佐美バレヱ団 公演レパートリーP.V Vol.1

牧阿佐美バレヱ団公演レパートリー Twitterで情報が流れてたんで、早速観ました。 チャイコフスキーの3大バレエ、ドン・キ、リーズ(ラ・フィユ・マル・ガルデ)、そして三銃士♪ 三銃士は牧のレパートリーでも大好きな作品で、公演の度に駆けつけてます。恋あり陰謀ありチャンバラありの冒険活劇がコメディータッチで快調につづられて、何度観ても楽しい♪ Vol.1ということは、2以降も期…

続きを読む