牧バレヱ団から案内のハガキが届きました。

小雨の中、予約してた資料を取りに行き、ついでに買い物を済ませて帰宅したところハガキが届いてました。 表はインターネット購入が可能になったというお知らせで(あ、便利になったぞ♪)と私は大喜び。 (バレヱ団ウェブサイトトップからアクセスして、スマホからも購入可能な模様) 裏面(次回公演のお知らせ)を見てびっくり。 1000年以上昔の古都奈良を舞台にした竜神に愛された乙女の恋の物語…

続きを読む

昔開いていたウェブサイト その1

これもかなり前にTwitterに投稿してたのですが、ログ掘りが面倒なのでこちらにも。 以前、あるジャンルでウェブサイトを開いていた時期がありました。ホームページビルダーなどは使わず、HTML入門書的な本とネット上のホームページ作成講座を参考にして、ウィンドウズ付属のメモ帳にタグを手打ちでw ひとつページができたら、それをテンプレート代りに使っていろいろなコンテンツのページを作り、リン…

続きを読む

牧阿佐美バレヱ団「くるみ割り人形」(2008年12月公演)

牧阿佐美バレヱ団「くるみ割り人形」(12月13日マチネ、五反田ゆうぽうとホール) 演出・改訂振付 三谷恭三(プティパ、イワノフ版による) 音楽 P・I・チャイコフスキー 美術 デヴィッド・ウォーカー 照明デザイン ポール・ビヤント 指揮  デヴィッド・ガルフォース 管弦楽 ロイヤル・メトロポリタン管弦楽団 合唱 東京少年少女合唱隊 クララ 山本ありさ 王子 菊地  …

続きを読む

東京バレエ団創立45周年記念公演VII 東京バレエ団初演 マカロワ版「ラ・バヤデール」(2009年9月25日ソワレ、東京文化会館)

振付・演出:ナタリア・マカロワ(マリウス・プティパ版による) 振付指導:オルガ・エヴレイノフ 装置:ピエール・ルイジ・サマリターニ 衣裳:ヨランダ・ソナベント ニキヤ(神殿の舞姫):上野水香 ソロル(戦士):高岸直樹 ガムザッティ(ラジャの娘): 奈良春夏 ハイ・ブラーミン(大僧正): 後藤晴雄 ラジャ(国王):木村和夫 マグダヴェーヤ(苦行僧の長):横内国弘 アヤ(ガム…

続きを読む

土曜出勤

今日は、今月2回目の土曜出勤当番です。普段なら、四週に1回で済むのですが、新しく入ってきた方のチューターを兼ねての仕事となります。 相変わらず咳が出るのと朝が妙に早起きになってること以外、特段問題はなさそうです。 帰宅ついでに図書館に寄れたら、予約した本も借りだしてきます。…また「外れ」じゃなければいいけど。

続きを読む

歴代のパソコン

かなり前にTwitterに投稿してたのですが、ログを掘り返すのがむずかしくなってきたのでこちらにも。 初代:ソ×ー×イオ 高かったのに、購入2年目で悪名高き?ソ×ータイマーが発動して無事死亡w 2代目:イーマシーンズ 今はなき石○電気←伏せ字の意味全くなし で購入。値段のわりに使い勝手がよかった記憶あり。 3代目:TOSHIBAダイナブック 相方からのプレゼント♪今も愛用…

続きを読む

Wikipediaとの出会い

旧ブログの記事を漁ってたら、ずいぶん懐かしいものを見つけました。 多分私とWikipediaの出会いは、この時期かと思われます。 以下、当時のブログから。(2006年4月7日付、10年前だった!) 「ウィキペディア」で知った衝撃の事実(?) 最近は「Wikipedia」を週に2~3回観覧しています。 サイト内のリンクを伝っていろいろな記事を見るのも楽しいことですから。 で…

続きを読む

眠れるようになってきた

このブログには頻繁に眠れないやら咳が出たやらヘソが痛いやら(以下省略)と書いてますが、この数日は日付が変わる前に多少なりとも眠れています。 ただし、眠りは浅くて夜中に何回か目覚めます。それでも絶不調からは脱却できた模様です。…(あくまでも当社比)

続きを読む

ブログの仕様を早速変えてみた。

思い立ったが吉日、というやつですわw 取り急ぎ両サイドバー仕様に変えてコンテンツを調整し、サイドバーが妙に長ったらしくなってる状態からは脱しました。 その他に(私は相当な弱視のため白っぽい背景のブログだと目にきついので)背景色を黄みの少ない色にしております。 まだ改良途上と思ってますので、これからも随時手を加えていきます。

続きを読む

閲覧環境の違い

ブログについて、基本的に自宅からはパソコン、仕事の休憩時間や就寝時に寝つけないときなどにスマホから投稿しています。 パソコンからとスマホからでは当然閲覧環境に違いが出てきますので、気づいたときにパソコンから不具合をなおしてます。 昨日ブログパーツを設置したところ、右サイドバーが妙に長ったらしくなったのが気になったんで、いずれ両サイドバーのデザインに変えようと思っています。

続きを読む