手首が妙に涼しい(;^_^A

おはようございます。週明けの東京は、朝から曇り空で今にも一雨来そうです。 昨晩、右手首のサポーター(かなり厚手でギブスに近い)を洗い、風呂場に干しました。朝までに乾くだろうと漠然と考えていましたが、先ほど取り込んでみたら、生乾きもいいところでした(;^_^A やむを得ず今朝はサポーターなしでの出勤となりました。…しっかりその部分が生っ白く焼け残っています。(かなり恥ずかしい) …

続きを読む

瑞浪市で「ご神木」が倒壊(:_;)

おはようございます。午前中は洗濯と買い物、ついでに図書館で資料を借りてきました(何を書いているかは秘密…ぽしゃったら悲しいのでw) 岐阜県瑞浪市の神明神社で、樹齢1000年余といわれるご神木の杉が倒れてしまいました。たまたま昼のニュースを見ていた相方に呼ばれて映像を見ると、半端ない大きさの見事な木でした。 まとめダネ!による反応 動画 この木は、岐阜県の天然記念物…

続きを読む

踏んだり蹴ったり。

今日は天候が不安定な上に日中は相当暑くなりました。仕事場に行ってみたら、レジスターが故障していました(昨日間違えたキーを使ってしまい、取れなくなった模様)。で、1件あった売り上げは手書き領収書対応です( ノД`)シクシク… しかも、クーラーまでぶっ壊れ…故障しました。やむを得ず仕事場で保有していた扇風機やファンなどを総動員です。何もしないよりははるかにましでしたが、勤務時間中はみんな妙に無…

続きを読む

本日は仕事当番です。

おはようございます。本日は4週間に一度の仕事当番につき、普段どおりにバス車内です。コロナのせいでダイヤがまだ変則です(休日ダイヤのままです)。 今月は23日も休日出勤です。本来なら、今頃はオリンピックで仕事どころではなかったんだろうな、などと思いつつもまずは仕事に行ってきます。(帰りのバスが30分くらい待たないと来ないのです(TT))

続きを読む

夏休みです。

おはようございます。本日は通院のため、丸一日夏休みをいただいています。で、いつもより一時間以上遅いバスに乗ってます。 今年は旅行の予定がないので、夏休みはぶつ切りで取らざるを得ません。(日祝日と合わせて連休になる日もありますが)現在確定しているスケジュールとしては、2回予定しているバレエ鑑賞と、ある予定で久々に(新宿ではない方の)私鉄ターミナル駅付近を訪れるくらいです。 明日は土曜日…

続きを読む

「あの音」が。

おはようございます。今日も朝から雨、しかも蒸し暑いです。 朝ごはんを食べて顔を洗っていたら、6時ちょい過ぎに「あの音」が(@_@) 慌ててバスルームから出て床に踞りました。幸い被害は報じられていないようですが…土砂災害なども気がかりです。何ごともなく終わりますように(相方から「お前が慌てて出てきた音の方が騒がしかった( ゚皿゚)」と言われてしまいました) 私の住む街は震度2でした。雨…

続きを読む

嬉しさと寂しさが半々( ;∀;)

ダメもとで昨日、新国立劇場バレエ団の こどものためのバレエ劇場2020「竜宮 りゅうぐう」~亀の姫と季の庭~ のチケット予約にトライしました。予約できたのは、7月25日(土)19:00開演分で、主役の浦島太郎は渡邉兄君、亀の姫は木村優里さんです。余勢を駆って、翌日のマチネ(井澤弟君と米沢唯さん)も予約しようとしたら…ソールド・アウト(T_T) コロナがなければ2公演鑑賞できたのにと悔しく思…

続きを読む

[[糸魚川のヒスイ]]、本日(2020年7月8日)の新着記事に\(^^)/

数年前に訪問したヒスイの小さな原石博物館(糸魚川駅から徒歩10分くらい)での1枚です。 おはようございます。豪雨や特別警報が気がかりな朝は、バスの車窓から見上げる空の雲行きも怪しげです…。 閑話休題、本日のウィキペディア日本語版のメインページには、一昨日公開した[[糸魚川のヒスイ]]が掲載されています(ありがとうございます🍀)日本語版を代表する屈指の執筆者のお一人、N氏との共同執…

続きを読む

2019年(2020年ではなく)の目標

以前ちょっと書いていますが、(限定公開のTwitterの方で)2019年(つまり昨年)の目標として2018年の暮れに4つ掲げました。 1 バランシン・バレエの記事をせめて1つ書きたい 2 書きかけで放置している可哀想な記事たち{30本くらい抱えてる)を1つでも完成させたい 3 2018年夏から取り組んでいる大物記事を可能なら完成させたい 4 ベジャール・バレエの(ry 昨年はど…

続きを読む

昨日の補遺

おはようございます。三連休明けの朝は空模様がかなり怪しげです。九州の豪雨も気がかりです…。 閑話休題、昨日書き損ねたこと。文献では、寺村先生と宮島先生のものがとりわけ役にたちました。特に宮島先生の数々の著書(フォッサマグナミュージアムまで何回か通って買い求めました)がなければ、ヒスイ再発見にまつわる論争と謎を書くことはできなかったとしみじみ思います。 実際、フォッサマグナミュージアム…

続きを読む